女性の要望に応える|妊娠を諦めていた方に朗報|高確率なIVF

妊娠を諦めていた方に朗報|高確率なIVF

男性医師
このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の要望に応える

夫婦

協力が一番肝心

大阪全体の婦人科クリニックでは不妊治療に力を注いでおり、多くの場合、パートナーに協力を仰ぐ説明が行われています。男性側に求める内容には、例えば、フーナーテストや精液検査などです。専門性の高い大阪の病院では、男性側に問題がない場合に精神面での協力を提案しています。不妊治療は女性にとってストレスを感じる要因にもなるため、緩和させ、リラックスした状態で治療を進めることも定着率に繋がるポイントです。さらに療法によっては、約7割の確率で3周期までに授かるなど、情報の中には判断を誤る内容もあります。タイミング療法で妊娠できる女性ばかりではなく、人工授精を考えるなどの次のステップを脳裏に入れた治療を進めることも大切です。精神的にも肉体的にも男性側に問題がない場合、女性側は負担が大きく、また、1回1回の治療は貴重です。治療にスケジュールを合わせることを求められる場合も多く、仕事や家庭との両立にはいまだに難色が示され、協力が必要と言われている内容がこうした所にもあります。

治療だけじゃない利用

現在の医療の難点は保険適用外の治療が存在している点で、高額となる治療費を支払う不妊治療にも難色が示されています。一流の病院で治療を受けたい場合、大阪を含め、関西にも実績ある婦人科クリニックは多く、不妊外来から特殊外来までが展開されています。大病院イコール、妊娠できるイメージは根強いものの、逆を言えば不妊治療を求める患者数も多いことになります。同じ悩みを持つ人の数だけ安心感を得るケースがある一方、治療に対する医師のないがしろな関係、診察までの待ち時間などの精神的負担も挙げられます。知識が乏しいことで、医師の説明に理解できないケースも実情として挙げられています。治療だけが病院の担い方ではなく、近年、心理カウンセリングは大阪でも評価されています。また、体験談などを語り合う会やイベントなどのコミュニティの場を提供しているケースもあり、女性は心と体の負担軽減に繋げることが可能です。